債務整理 弁護士 司法書士

全国や地方に住んでいる人が債務・借金の相談するならどこがいい?

借金返済の悩み

借金の額が増えすぎて返済が苦しい…。
債務整理をして、借金の辛さから解き放たれたい…。
もしもそう思っているなら、できる限り早く司法書士や弁護士に相談を。
弁護士や司法書士が探してくれる解決策で、返済金額が減ったり、督促が止まったり、といういろいろなメリットを受けられる可能性があります。
最近ではインターネットで無料相談できる法律事務所や法務事務所も数多くあります。
ここでは、全国や地方に対応している、オススメの法務事務所や法律事務所を紹介しています。
また、全国や地方にある他の法律事務所や法務事務所もいくつかピックアップしているので、そちらも参考にしてみてください。
借金の問題は、1人だけで解決するのは難しいものです。
弁護士・司法書士の知恵・知識を借りて、解決への糸口を探しましょう!

全国や地方の人が債務整理・借金の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

全国や地方の債務や借金返済解決の相談なら、こちらがおススメ。
弁護士対応で、全国対応の弁護士事務所です。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心です。
料金の支払は、分割払いも可能。
相談料はもちろん0円!
借金の督促をストップするのも可能。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、借金や債務のことを相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(電話料0円)で相談受付が可能なので、お金に悩んでいる方も今スグ電話受付をすることが可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今スグ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性におすすめ!)
全国に対応している、債務・借金の悩みを相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に合ったやり方で借金問題を解決に導きます。
また、過払い請求は初期費用0円で、戻ってきた過払い金から料金を精算できます。
任意整理についても、減額報酬・和解成功報酬などは一切取らないので、安く解決できます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口もあるので、女性の方も安心です。
まずはお気軽に無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが対応する、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



街角相談所-法律-

街角相談所-法律-

全国や地方在住の人が債務整理や借金の相談をするならまず、このサービスもオススメです。
「借金解決診断シミュレーター」という名の、インターネットでできる借金の診断ツールです。
簡単な質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月返済する金額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと気後れする。
そんな方にピッタリです。
しかも、無料&匿名で使えます☆
キライ全国に対応の法務事務所・法律事務所のサービスなので、全国や地方在住の方も安心です。

◆特徴◆
  • たった5つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 匿名&無料で使える!
  • 全国対応!
借金・債務の悩み、匿名で相談・診断してみませんか?
借金解決診断シミュレーター
借金解決診断シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談・診断を、匿名&無料で。

他の全国や地方近くの法律事務所や法務事務所紹介

他にも全国や地方には法律事務所や法務事務所があります。これらも参考にしてください。




地元全国や地方の司法書士・弁護士の事務所の門をたたき、直接相談するのもアリだと思います。
ですが、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、不安なく相談できるのではないでしょうか。

全国や地方で多重債務や借金返済、問題が膨らんだ理由とは

クレジットカードのリボ払いやキャッシング会社等は、利子が尋常ではなく高利です。
15%〜20%も金利を払うことになってしまいます。
住宅ローンの金利は年間0.6%〜4%ぐらい、自動車のローンも1.2%〜5%(年間)ほどなので、ものすごい差があります。
さらに、「利息制限法」でなく「出資法」をもとに利子を設定する金融業者だと、金利が0.29などの高利な金利を取っている場合もあります。
かなり高い金利を払いつつ、借金は増える一方。
借金を増やしたのは自己責任なので仕方ないですが、金額が多くて金利も高いとなると、完済は辛いものでしょう。
どのようにして返済すればいいのか、もう何も思い付かないなら、法務事務所や法律事務所に相談するしかないでしょう。
弁護士・司法書士ならば、借金を返す解決策を見つけてくれるはずです。
長期計画での返済になるかもしれませんし、過払い金返還で返済額が減額するかもしれません。
まず相談する、これが解決のための第一歩です。

債務整理のデメリットとは|債務整理

債務整理にも多様なやり方があって、任意でやみ金業者と交渉をする任意整理と、裁判所を介す法的整理の自己破産又は個人再生などのジャンルがあります。
ではこれ等の手続について債務整理のデメリットというものがあるでしょうか。
これら3つのやり方に同じようにいえる債務整理の欠点と言えば、信用情報にその手続を進めた旨が掲載されることですね。世にいうブラック・リストというような状態です。
としたら、概ね5年〜7年位、カードが創れなくなったりまたは借入れができない状態になったりします。だけど、あなたは支払額に悩み続けてこれらの手続をおこなう訳なので、もうしばらくの間は借金しないほうがよいのではないでしょうか。
クレジットカードに依存し過ぎる方は、むしろ借金ができない状態なることでできない状態になる事によって救済されると思われます。
次に自己破産若しくは個人再生の債務整理デメリットですが、官報にこの手続をした事実が記載されてしまう点が上げられるでしょう。しかしながら、貴方は官報等ご覧になった事が有るでしょうか。逆に、「官報とはどんなもの」といった方のほうが多数いるのじゃないでしょうか。
実際、官報は国がつくるする新聞みたいな物ですけれども、信販会社などの特定の人しか見ないのです。ですので、「自己破産の実態がご近所の方に知れ渡った」などといった心配事はまずもってありません。
最後に、破産特有の債務整理の欠点ですが、1辺自己破産すると七年という長い間、再度破産できません。そこは十二分に配慮して、二度と自己破産しなくても大丈夫なように心がけましょう。

自己破産にはどんなリスクがあるの?/債務整理

はっきり言えば世間一般で言われているほど自己破産のリスクはそんなに多くないのです。高価な車・マイホーム・土地など高値の物件は処分されるのですが、生活するなかで必ず要る物は処分されないのです。
また20万円以下の貯蓄も持っていてよいです。それと当面の間の数か月分の生活するうえで必要な費用百万未満なら持っていかれることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されるがこれもごく特定の人しか目にしません。
又いわゆるブラックリストに記載されしまって7年間ほどはローン若しくはキャッシングが使用不可能になりますが、これはいたし方ないことでしょう。
あと定められた職種に就けなくなると言うこともあるでしょう。けれどこれもごく特定の限られた範囲の職種なのです。
ですから債務超過で返金する事の不可能な借金を抱え込んでいるなら自己破産を実施するのも1つの手口なのです。自己破産を実施した場合今までの借金が全く帳消しになり、新しく人生をスタート出来るということで長所の方が多いと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし公認会計士、司法書士、弁護士、税理士等の資格は取り消されます。私法上の資格制限とし遺言執行者・保証人・後見人にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれません。しかしながらこれらのリスクはおよそ関係ない場合が多いのじゃないでしょうか。リスクはあまり大きな物じゃ無い筈です。

関連するページ